ピアノは買わなきゃだめ??

よく、聞かれることです*

『習うのにはピアノ用意しなきゃだめでしょ??』

『電子ピアノでもいいのかな?』

『キーボードなら持ってるんだけど。』



ピアノを習う以上、お家でも練習出来るように、何かしら鍵盤は用意してもらわなければなりません。


結論からいえば、ダメなものは、、、

オモチャのピアノ、ピアニカ、ロールピアノ(ペラペラのやつ)、鍵盤楽器の印刷された紙←(さすがに、、、笑)

上記のものは、打鍵の感覚がないものや、鍵盤が小さすぎたり、音があってない可能性があります。


1番オススメなのは、やはり生のピアノ*:..。
指で表現したことが、ちゃんと音になるのは、ピアノしかありません。


ですが、昨今の住環境を考慮すると、ピアノを置くスペース、防音の問題から、
私も胸を張って、ピアノをオススメできないんです。


あと、ピアノは維持費もかかってきます。



グランドピアノに関しては、重量があるので、床の補強のリフォームが必要だったり、調律、保険、、、


子どもにピアノを習わすだけで、コレだけの先行投資はなかなか出来ないですよね。



ここからはあくまでも、私の意見ですが、




指の力がつく時期(8〜10歳)が過ぎると
キーボードやエレクトーンで練習してる子と、ピアノで練習してる子に、指の力の差が出てくるのは確かです。


なので、最初はキーボードで。

何年か続けてみて、続きそうなら電子ピアノを考えてはどうでしょうか??


最近の電子ピアノは、アップライトと同じハンマー式を採用した物等、ピアノに限りなく近いタッチになってきました*

生ピアノに叶うものはありませんが、音大を受験するとかでないかぎり、
電子ピアノで、指の力、表現力は大丈夫ではないかと思います*



中には、いきなりグランドを用意したり、いきなりワンレッスン2万のピアニストについたり

そういう親御さんもいるので、いろんな考え方がありますが、


私はキーボードからでも、気軽におんがくを始める子が多い方がいいな*と思うんです。


入り口は広い方がいい!!!


他の習い事と同様に、気軽に始めてみちゃえばいいんです!!


音楽が嫌いな子どもは滅多にいません。


ピアノが続かない、不向きだったというのも、よく聞きますが、
私が思うに、先生との相性が一番なのではないか??と、最近思います。


子ども、それぞれが持っている個性を引き出してくれる先生に出会うことが、
音楽を長く続けていける最大のコツではないでしょうか*



わたしもそんな先生になりたいです!!!

日々、勉強していかなければ!!!
[PR]

by tsukasa151cm | 2011-04-18 09:32